29.4 C
Tokyo
土曜日, 2024年6月15日
ホームTechnologyMedical CareTP53変異のCLLとAML患者(白血病)の治療

TP53変異のCLLとAML患者(白血病)の治療

間違ってることも書いてるかもしれないので、参考程度でお願いします。

1.CLLとAMLについて

CLLとAMLは、白血病の種類を表す略語です。白血病とは、骨髄にある造血幹細胞から血液細胞へと成熟する過程にある細胞が癌化する病気です。白血病は、癌化した細胞がもし正常に成熟したら何になっていたかによって、「骨髄性」と「リンパ性」に分けられます。また、「病気の進み方」によって、「急性」と「慢性」にそれぞれ分類されます。

CLLは、慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia)の略です。これは、成熟したらリンパ球(白血球の一種)になるだろう細胞が癌化した場合の白血病で、ゆっくりと進行するタイプです。CLLは、白血病の中でも最も多いタイプで、主に高齢者に発症します。CLLの症状としては、リンパ節の腫れ、発熱、体重減少、貧血、感染症などがあります。CLLの治療法としては、抗がん剤や抗体薬、造血幹細胞移植などがあります12

AMLは、急性骨髄性白血病(Acute Myeloid Leukemia)の略です。これは、成熟したらリンパ球以外の白血球、赤血球、血小板になるだろう細胞が癌化した場合の白血病で、急激に進行するタイプです。AMLは、白血病のうちの半分程度を占めており、比較的よく見られるタイプです。AMLは、男女どちらにも起きる病気で、高齢者に多いです。AMLの症状としては、貧血、出血傾向、感染症、歯茎の腫れ、腹部の腫れ、骨痛などがあります。AMLの治療法としては、抗がん剤や造血幹細胞移植などがあります3 。

■参考文献

  • 1: 慢性リンパ性白血病(CLL) - 基礎知識(症状・原因・治療など) | MEDLEY (メドレー)
  • 2: 慢性リンパ性白血病(CLL)の治療|おしえて 白血病のコト【中外製薬】
  • 3: 急性骨髄性白血病(AML) - 基礎知識(症状・原因・治療など) | MEDLEY (メドレー)
  • 4: 急性骨髄性白血病(AML)の治療|おしえて 白血病のコト【中外製薬】

2.TP53変異とは何か

TP53変異とは、がん抑制遺伝子TP53に起こる遺伝子の変化のことです。TP53は、細胞のストレスに反応してp53というタンパク質を作ります。p53は、細胞の分裂を止めたり、DNAの修復を促したり、細胞の自殺を引き起こしたりすることで、がんの発生を防ぐ役割を果たします。1

しかし、TP53に変異があると、p53の機能が失われたり、変化したりします。その結果、細胞が正常に制御されずにがんになったり、がんが進行したりする可能性が高くなります。2

ヒトのがんにおいて、TP53は最も高頻度に変異している遺伝子のひとつです。全てのがんの約50%にTP53の変異が見られます。3 変異の種類や位置によって、p53の機能が完全に失われる場合や、一部の機能が残る場合や、新たな機能が付与される場合があります。4

TP53の変異は、遺伝的に受け継がれる場合もあります。その場合、若年性や多発性に様々ながんを発症するリ・フラウメニ症候群という病気になることがあります。2

TP53変異は、がんの診断や治療にも重要な意味を持ちます。TP53変畷の有無や種類によって、がんの予後や治療効果が異なることが報告されています。 また、TP53変異を検出する方法や、TP53変異に対する新しい治療法の開発も進められています。

■参考文献

  • 1: がん抑制遺伝子TP53の活性化変異が原因で起こる「新たな先天性骨髄不全症」を発見
  • 2: TP53 | JCGA
  • 3: TP53 変異と分子疫学
  • 4: ヒト白血病におけるTP53変異の包括的機能解析により、ミスセンス変異がp53腫瘍抑制タンパク質に新たな癌を発現させる機能を付与するという現在の仮説(主にマウスの研究に基づく)に異議が唱えられるかもしれない

3.TP53変異はどのようにして発生するか

■参考文献

  • 1: p53 - Wikipedia
  • 2: TP53 | JCGA
  • 3: TP53 Gene Mutation and Cancer Risk - Everyday Health

下記からは追加で参考にできそうな文献

  • 4: Overview of TP53 gene mutations
  • 5: p53 とがん | アブカム - Abcam
  • 6: がん抑制遺伝子TP53の活性化変異が原因で起こる「新たな先 …
  • 7: TP53 Gene - GeneCards | P53 Protein | P53 Antibody
  • 8: Li-Fraumeni syndrome - Genetics Home Reference - NIH

4.TP53変異の治療方法について

TP53変異は、がんの治療において大きな課題となっています。TP53変異は、がん細胞に対する抗がん剤や放射線の効果を低下させたり、がんの進行や転移を促進したりすることが知られています。1 そのため、TP53変異を有するがん患者の予後は、TP53変異を有しないがん患者に比べて悪いことが多くの研究で報告されています。2

現在、TP53変異に対する特異的な治療法はありませんが、いくつかの治療戦略が研究されています。以下に、主なものを紹介します。

■参考文献

  • 1: TP53 Gene Mutation and Cancer Risk - Everyday Health
  • 2: Overview of TP53 gene mutations
  • 3: Targeting mutant p53 for cancer therapy: direct and indirect strategies | Journal of Hematology & Oncology | Full Text
  • 4: PRIMA-1Met/APR-246 induces apoptosis and tumor growth delay in small cell lung cancer expressing mutant p53
  • 5: APR-246/Eprenetapopt: A First-in-Class p53-Targeting Drug in Clinical Trials
  • 6: Gain-of-function mutations of p53
  • 7: Synthetic lethal interactions as targets for cancer therapy
  • 8: Targeting mutant p53 in cancer: a long road to precision therapy

下記からは追加で参考にできそうな文献

  • 9: TP53 変異陽性急性骨髄性白血病に対する新規治療法の開発 ~MCL-1発現誘導の制御により抗がん薬の効果を高められるか~
  • 10: New Research Sheds Light on Treatment for TP53-Mutant Blood Cancers
  • 11: Synthetic lethality: a new direction in cancer-drug development
  • 12: Synthetic lethality and cancer
  • 13: Synthetic lethality between PARP and MYCN in neuroblastoma
  • 14: PARP inhibitors in cancer therapy: a novel approach to treat malignancies with TP53 deficiency

5.慢性リンパ性白血病(CLL)のTP53変異患者の治療方法について

5.1.現在行われている治療方法

5.2.現在研究中の治療方法

■参考文献

  • 1: Treatment Patterns and Outcomes of Patients with Chronic Lymphocytic Leukemia with TP53 Mutations | Blood | American Society of Hematology
  • 2: Venetoclax plus rituximab in relapsed or refractory chronic lymphocytic leukaemia: a phase 3, open-label, randomised trial - The Lancet
  • 3: Fludarabine, cyclophosphamide, and rituximab treatment achieves long-term disease-free survival in IGHV-mutated chronic lymphocytic leukemia | Blood | American Society of Hematology
  • 4: Bendamustine plus rituximab versus CHOP plus rituximab as first-line treatment for patients with indolent and mantle-cell lymphomas: an open-label, multicentre, randomised, phase 3 non-inferiority trial - The Lancet
  • 5: APR-246/Eprenetapopt: A First-in-Class p53-Targeting Drug in Clinical Trials
  • 6: Eprenetapopt (APR-246) in TP53-Mutant Myelodysplastic Syndromes and Acute Myeloid Leukemia | Clinical Cancer Research
  • 7: TP53 Mutant Acute Myeloid Leukemia: A New Treatment Paradigm? | Blood Cancer Discovery
  • 8: Targeting CREB1 in acute myeloid leukemia | Blood | American Society of Hematology
  • 9: Synthetic lethality between PARP and MYCN in neuroblastoma

下記からは追加で参考にできそうな文献

  • 10: PARP inhibitors in cancer therapy: a novel approach to treat malignancies with TP53 deficiency

6. 急性骨髄性白血病(AML)のTP53変異患者の治療方法について

6.1.現在行われている治療方法

6.2.現在研究中の治療方法

■参考文献

  • 1: Treatment outcomes for newly diagnosed, treatment-naïve TP53-mutated acute myeloid leukemia: a systematic review and meta-analysis | Journal of Hematology & Oncology | Full Text
  • 2: Transplant for TP53-mutated MDS and AML: because we can or because we should? | Hematology, ASH Education Program | American Society of Hematology
  • 3: Venetoclax with azacitidine for the treatment of newly diagnosed acute myeloid leukemia in patients ineligible for intensive chemotherapy: a phase 3 randomized placebo-controlled trial | Blood | American Society of Hematology
  • 4: Venetoclax in Combination With Hypomethylating Agents Induces Rapid, Deep, and Durable Responses in Patients With AML Ineligible for Intensive Therapy | Blood | American Society of Hematology
  • 5: APR-246/Eprenetapopt: A First-in-Class p53-Targeting Drug in Clinical Trials
  • 6: Eprenetapopt (APR-246) in TP53-Mutant Myelodysplastic Syndromes and Acute Myeloid Leukemia | Clinical Cancer Research
  • 7: TP53 Mutant Acute Myeloid Leukemia: A New Treatment Paradigm? | Blood Cancer Discovery
  • 8: Targeting CREB1 in acute myeloid leukemia | Blood | American Society of Hematology
  • 9: Synthetic lethality between PARP and MYCN in neuroblastoma
  • 10: PARP inhibitors in cancer therapy: a novel approach to treat malignancies with TP53 deficiency
狂愛
狂愛
狂愛。fryok.comの管理者。投資、技術、音楽、知識を得ること、コスパいい話が好き。MBTIによる性格診断はINTJ-Tで理屈っぽく気難しい性格。
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular